SNSって結局どれがいいの!?戦う場所と戦い方を正しく理解して、もう迷わない!

最終更新: 7月31日



「続かない(泣)」

「やっぱりインスタでお店の宣伝したらいいの?」

「おすすめなSNSだけ楽して運営したい!」

すごーく気持ちはわかります。

ただ、マクドナルドを世界的企業にしたレイクロックさんも言っていましたよ。「信念と継続が大事だよ」って(誰目線...)。SNSもそうです!どのSNSを選んでも継続が大事なんです!

今回は、SNS運用をされている皆さんに、一番大事なポイントである継続についてご紹介します。SNSはいかに”継続する”ことが大事か、どのように継続をしていけばよいか!などを解説いたします。



~目次~

  • SNS運用は長期戦、頑張れば誰でも成功!

  • まずは、戦う場所を決めましょう!

  • SNS運用する上でもっとも大事な継続

  • 【継続のために】年間計画を組みましょう!

  • 実践トレーニング



SNS運用の上にも3年、頑張れば誰でも成功する

えっ!3年…と思ってこの記事をそっと閉じようと思った方、ぜひ最後まで読んでください。

SNSを使ってお客様を呼びたい!

みんな思いますよね、無料ですし。


「お店を有名にしたい!」

「販売している商品を有名にしたい!」


でも、いざ成功すると夢のある話がたくさんあります!最近はお店のオーナー、店長や店員さん、もしくはSNSのアカウントが有名になってお客様をつれてくるパターンもあります。



予約1年待ち!10店舗展開急成長! 寿司仙人さんの例

※非公開なのでプロフィールのみ

インスタで、お寿司の評論をたくさん写真とともの投稿し、影響力を持ち、高級寿司店をOPENしてしまいました!なんと予約は1年待ち!初OPEN後に10店舗OPENするなど急成長をとげました。

他にも

・コーデを毎日あげていた人

・料理を毎日あげていた人 が本を出版できたり、テレビに出演できたりできるようになりました。

では、どうやったら成功するのでしょうか?




まずは戦う場所を決めましょう!


まずは、どこで戦うのか、どのSNSを使うのか決めましょう!そのためには各SNSの特徴を知る必要がありますね。各SNSを使用しているメイン層と特徴をまとめてみました!



Facebook/広告利用程度に考える。

メイン利用者層:30代-50代

年齢層の問題か、お店のファンページアカウントはファンにもなりにくく、フォローや影響力は弱くFBやインスタ広告をするために、使う程度がおすすめです。しかしながら、世界ではとても人気があるSNSです。日本にいる外国人さん向けに始めるとコミュニティなど、とても賑わう可能性とチャンスがあります。




Twitter/つぶやき量とキャラクターが大切

メイン利用者層:10代-30代

お店のアカウントよりは個人のアカウントとして店長がつぶやく、社長がつぶやくことによってファンを集めるのはおすすめです。お店だと中の人みたいなキャラが必要です。フォロワーが増えやすく、1日に200ツイートした人が急激にフォロワーを増やし実例が最近ありました。量でファンを獲得できる可能性があり、コンテンツに必ずしもこだわらなくてもよいのが特徴です。


Instagram/今一番チャンスが多いおススメSNS

メイン利用者層:20代-40代

クオリティが高い画像や動画を製作する必要がありますが、数多くの繁盛店、有名店を生み出したSNS。雑誌やメディア関係者も情報収集のツールと使っているので、ファンが増えなくても集客に直結できる可能性が多いです。




YouTube /まずは100本制作できるか?

メイン利用者層:10代-50代

100本程度の動画を作らないと有名になる、ファンがつく土台に乗れないため、お店のアカウントで成功するのはかなり難しいですが、社長が影響力をもつ方法として有効です!





TikTok/1度だけの投稿で有名になれるチャンスがある今流行のSNS

メイン利用者層10代-20代

お店アカウントとしてはインスタやYouTubeなどと併用しながら活用する方法が人気を博している。最近では今まで特徴を出すのが難しかったパチンコ店や携帯ショップなどもスタッフがダンスする動画を投稿するだけで、人間性による集客や、単純な認知度アップの効果をもたらしてくれることも。






SNS運用では戦う場所も重要ですが最も大事なポイントは、、、「継続すること」です。


SNSはバズって一気に拡散するチャンスがありますが、基本的に集客は足し算です。日々の投稿で毎日少しずつファンを増やしていくもので、だからこそコツコツがとっても大事なんです。もちろん試行錯誤しながらクオリティもあげていましょう!


もちろん、継続以外にも大事なことはあります。


  • 時代の流れを読むこと フォロワーが多いSNSのアカウントはお店も個人も同様にそのSNSサービスやアプリがはやり始めたときに始めたり、巷のニュースに上手く乗っかることでフォロワーや影響力が上がったケースが多くあります。 時代の流れを読むことがSNS運用の成功につながります

  • 店舗のアカウントは、個人のアカウントっぽくすること 小さいお店や小規模の飲食店などは、個人のアカウントのように個性や感情を出した方が心理学でいう自己開示となり共感を生みやすくなります。 その結果、ファンが増えていくので、普段友達としゃべっている感じ(悪ノリは非推奨です)でやると良いという傾向があります。

でも、やっぱり一番重要なのは、継続です!参入が遅いと思っているかもしれない貴方まだまだチャンスです。今からでも遅くないのがSNS、いつでも有名になれるチャンスがありますよ。




【継続のためには】年間計画を組みましょう!


っていうけど、継続するって難しい。

そんな方のために最後に継続するためのポイントをお教えします!



それは、自分の得意なこと、お店の特徴や情報提供で年間計画を組むということです。

1年毎日投稿するなら365個、2日に1回の頻度なら180個のネタが必要です。

例えば、毎日のおすすめ料理で60個のネタがあるなら、その他のネタで何個ネタが作れるか、それを始める前にいくつかカテゴリーを分けてイメージしておくことが大事です。


以前、エステティシャンが運営するエステのSNSのアカウントがあり、お客様のために「お肌のトラブルに応じた対処方法」を伝えていこうということになりました。


とてもお客様にためになりますし、すばらしい内容ですが、1ヶ月で更新はストップしてしまいました。普段お客様から受けるお肌のトラブルをあげていったら、30個でネタが尽きてしまったようでした。残念ですが、せっかく内容が良いものでも、継続ができなければ、お客様も、ファンも増えません


もし、

  • おすすめの化粧品を毎週1つ宣伝する

  • お肌に良い食べ物を紹介していく

  • お肌悩みを細分化して100になるようにする

  • お肌に関係ない何か別のネタを用意する


など複数用意してスタートをしていれば、情報源の用意や、準備なども出来てネタが尽きたとたんにモチベーションが下がりSNSをやめてしまうこともなかったかもしれません。



実践トレーニング


実際にどんなカテゴリで配信していくとよいか考えてみましょう。このカテゴリは、ハッシュタグで何を付けたいかということにも関わってきます。是非、合わせて「SNSで売り上げが上がるの?【Instagram編】ハッシュタグを制することで下克上も夢じゃない!?」もお読みください。


例)エステ会社の場合

次に、カテゴリ1「肌のお手入れ」の内容において、具体的にどんな内容の投稿が良さそうか考えてみましょう。



レイクロックさんも言ってましたよ!信念と継続が大事!




――――――――――――――――――


いかがでしたでしょうか。



【LINEお友だち限定/無料相談】

Zoomによる無料オンライン相談会では、もっと突っ込んだ運用方法などについて具体的にお伝えするとともに、個別のお悩みにもお答えしてきますよ。ぜひお気軽にお申し込みくださいね!


お友だち登録はこちら